ABOUT

Tokyo Startup BEAM PROJECT
社会に変革をもたらす“ものづくりベンチャー”を支援する、
東京都発のプログラム

東京都ものづくりベンチャー育成事業(Tokyo Startup BEAMプロジェクト)は、都内製造業事業者やベンチャーキャピタル、公的支援機関などが連携し、ものづくりベンチャーの成長を、技術・資金・経営の面で強力にサポートする。東京は、世界で最もハードウェア開発とその事業化に適した都市だ。この好条件を生かし、東京から世界的なものづくりベンチャーを育て、ものづくりの好循環を生み出すこと(エコシステムの構築)が、本事業の目的である。

「BEAM」の由来

B:BUILD UP / E:ECOSYSTEM / A:ACCELERATOR / M:MONOZUKURI の頭文字をつなげ、本プロジェクトを「BEAM」と命名。スピーディーかつ、ビーム=粒子の集団のように、それぞれが衝突することなく集中・収束して、エコシステム構築へ一直線を目指していくという狙いが込められている。

PROGRAM

Tokyo Startup BEAMプロジェクトは、製品開発などに対するプロジェクト支援費の提供、ハンズオン支援の実施を通じて、短期間でアイデアを形にすることを支援する「ものづくりベンチャー向けアクセラレータプログラム」である。
都内製造業事業者やベンチャーキャピタル、公的支援機関などが連携し、技術指導や機器利用、資金調達など、段階に応じて必要な支援を行い、ものづくりベンチャーの製品の開発や事業化を目指す。

製品開発等プロジェクト

ものづくりベンチャー

連携

都内製造事業者

⽀援体制

プロジェクト⽀援費の提供

約16か⽉のハンズオン⽀援
プログラムの実施

事業コーディネーター

連携

プログラムパートナー

A. ものづくり
(都内製造事業者等)

B. ビジネス
(ベンチャーキャピタル)

C. 公的⽀援機関
(産業技術研究センター等)

PROJECT SUPPORT
SYSTEMS

採択者に対して以下のサポートを提供する。

  • プロジェクト支援費の提供

    ・製品開発などのプロジェクトに要する資金の提供
    ・事業ステージに応じて、①機能試作段階、②量産試作段階の2つのコースを用意

  • ハンズオン支援の実施

    ・採択後(令和2年10月上旬)〜令和4年1月頃まで、約16か月のハンズオン支援プログラム
    ・プログラムパートナーとの連携による技術指導、機器利用、資金調達等に関する支援都内製造事業者等による試作開発の支援
    東京都立産業技術研究センターに導入した3Dプリンタの無償利用、各種技術相談
    ベンチャーキャピタル等による経営・資金面に対するアドバイス